消防設備の点検

消防設備

定期点検

警備員イラスト

消防設備の定期点検は行っていますか?
軽視していると重大な罰則を負うケースがあるので必ず受けましょう!!

消防設備の点検を怠ると万が一の時に火災保険が下りないケースがあります。

消防用設備等点検報告制度とは?

消防用設備等点検報告制度

防火対象物の関係者は、
消防用設備または特殊消防用設備等について、定期点検し、その結果を消防長または消防署長に報告しなければならない。
(消防法第17条の3)

点検の種類と期間

機器点検(6ヶ月に1回実施)

  1. 消防用設備等に付置される非常用電源。(自家発電に限る)
    又は動力消防ポンプの正常な作動。
  2. 消防用設備等の機器の適正な設置、損傷等の有無その他主として外観から判別できる事項
  3. 消防用設備等の機能について、外観から又は簡易な操作により判別できる事項。

総合点検

消防用設備等の全部又は一部を作動させ、又は使用することにより、総合的な機能を確認するため、消防用設備等の種類に応じて実施する点検。

点検をしないとどうなるのか?

維持義務違反

  • 消防用設備等の維持のため、必要な措置をしなかった者は30万円以下の罰金又は拘留
  • その法人に対しても上記の罰則が課せられます。
    (消防法第44条第1項第12号・第45条第1項第3号)

点検報告義務違反

  • 点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留
  • その法人に対しても上記の罰則が課せられます
    (消防法第44条第1項第11号・第45条第1項第3号)

株式会社 HSKでは消防設備点検を高品質・低価格にて行っております!!

消防設備点検は業者選びが大切です。
ぜひ一度ご相談ください。

業務内容

消防法と建築基準法における各業務内容を詳しくご紹介します。

消防設備保守点検

消防設備点検では消防設備士等、専門の有資格者における安心の点検を実施しています。

防火対象物点検・防災管理点検

避難経路に障害物が置かれていないか、防火管理者は選任されているか等防火管理状況を総合的にチェックします。

消防設備工事・改修

消防点検で発見した不具合や老朽化した消防設備の交換、改修はもちろん設備の新設工事も多数実績があります。

建築設備定期点検

換気設備、排煙設備、非常用の照明設備、給排水設備の機能を点検します。

特定建築物定期調査

建築物の外部、内部、屋上等建築物の劣化状況を法令に基づき調査します。

防火設備定期点検

防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーン等の機能を検査します。

お問い合わせ

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
必須 お名前
必須 TEL
ハイフン『-』は入れずに入力してください。
Eメール
必須 メッセージ
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。